停泊している船

自分を守ることも大事

赤い浮き輪

他の記事で明石ジギング鯛ラバを利用する際に、他人に迷惑をかけないことが大事であると説明をしました。どのようなことに気を付ければいいのかも理解して頂けでしょう。他人に迷惑をかけないことはとても大事なことです。ですが、それと同時に自分の身を守ることも大事です。大きなケガなどをしないように気を付けておかなくてはなりません。
明石ジギング鯛ラバの操作はベテランの船長さんが行います。ですから、基本的には大きく揺れるなどはありません。ですが、海の上では何が起こるか分かりません。強い波に揺られる可能性もあるんです。ですから、海に落ちないように気を付けておくべきです。油断をしていると、海に落ちてしまうこともあります。冬などは水温も非常に低いです。とても危険です。釣りをしているときはもちろん、船に乗るとき、船を降りるときも含めて、常に気を張っておくようにしましょう。
そして、明石ジギング鯛ラバでは竿の扱いに十分に気を付けるようにしましょう。揺れた船の上で扱うために、針が刺さってしまうなんてこともあるんです。普段から使い慣れている竿であっても、上手く扱えない可能性があります。多きなケガに繋がってしまう可能性もあります。陸地での釣りよりも、慎重に竿を扱うようにしましょう。
明石ジギング鯛ラバを利用するのは非常に楽しいものです。ですが、以上のような危険も潜んでいます。十分に気を付けて明石ジギング鯛ラバを利用するようにしましょう。